元カノと復縁もう一度よりを戻すには?

復縁成功するには元カノのタイプを見極め、ルールを守ること!

元カノとよりを戻して復縁したいと願う男性は、元彼との復縁を願う女性の数より多いと言われています。

そもそも、よりを戻すという言葉の語源はどこから来ているのでしょうか。

よりをもどす(縒りを戻す)とは
人との関係をもとに戻すことで、特に、別れた男女がもとの関係になることを言います。

ここで使われている「縒り」とは、糸をねじってからませることで、複雑にからみあった人間関係をたとえていうものです。
つまり、ほつれた糸を綺麗に戻す様子を表したものが語源ですから、よりを戻すのは、そんなに簡単には行かないのが普通なのです。

ですから、復縁を夢見て、何も考えずにすぐに行動に移すというのは感心できません。
別れた彼女のことが忘れられないからと言って、元カノに電話しても、そう簡単にはことは片付きません。

まず必要なことは、あなたが別れた元カノが、どんなタイプの女性かを知ることです。
復縁しやすいタイプか、復縁しにくいタイプかで勝負がきまるからなんです。

ここでは、復縁しにくいタイプの女性としやすい女性についてのヒントを考えてみましょう。

1.復縁しにくい女性のタイプ

・気が強くて自分の価値観をしっかり持っている女性
一度ダメだと思ったらそこから気持ちを復活して変えさせることが難しいので、復縁成功率は低いと言えます。

・女友達が多い女性
女友達の多い人は、例えば、女子会などで、元カレからこんなメールがきたと周りの女子に相談するケースが増えますね。すると、そんなのやめときなさいと止めに入られてしまうことが多いからです。

2.復縁しやすい女性のタイプ

・恋愛経験が多い女性
恋愛経験が多い女性はよくモテるので、すぐに次の彼氏ができていることも多いのですが、恋愛に対してとても寛容で動きも素早いので連絡もとりやすいということなります。

・時間帯が不規則な仕事をしている女性
不規則な時間帯で仕事をしている女性は、自分の予定に合わせてくれる人がなかなか見当たらず、限られてくるものです。
ですから、そういうタイプの女性であれば、復縁出来る確率は当然高くなるということになります。

一度じっくりと元カノのタイプを観察して、対策を考えてみてはいかがでしょうか。

元カノと復縁したいと思ったときの行動の中には、最低限守らなければならないルールがあります。

復縁のために最低限守らなければならないルール

(1) いきなり連絡して、「キミだけだ」などと迫らない
(2) 一度は別れたのに、「お前さ〜」など、馴れ馴れしい言葉を使わない
(3) 「あのとき、なんで××しなかったの? 」など、過去を蒸し返さない


誰にでも考え付く当たり前のことのようですが、この当たり前のことができていない人が案外多いのも事実です。

中でもとくに、(1)には注意が必要です。

良く出回っている復縁本なんかには、「キミだけだ」などストレートに愛を表現するほうが復縁につながりやすいなどとありますが、これも、実際に再会することができて、相手の様子を確かめてからのことになります。
反対に、メールでちょっと相手の状況を確認したぐらいで「好きだ!」などと自分の気持ちをぶつけるのは、いろんな意味でリスクが大きいと言えます。
ヘタをすればストーカーと間違えられることにもなりかねません。

ストレートに自分の思いを伝えるのは有効ですが、ひとりよがりにならないよう、あくまでも良く状況判断することが大事です。
例えば「久しぶりに、お茶でもどう? 」と誘ってみて、過去の思い出を共有した場所に、もう一度行ってみるのもいい方法だと思います。

焦らず、前のめりにならず、しっかりとルールを守って復縁を成功させるよう、皆さんの健闘を祈っています。
↓手っ取り早く復縁したい方はこちら↓
⇒男性版 復縁マニュアル7step
男性版公式HP

 

サイトマップ